歯だけじゃない?お口のお悩みも聞いてくれる歯医者さん

お口のトラブルでお悩みの方に

いわゆる歯医者さんと口腔外科医の違い

口腔外科は同じ口の中を扱う診療科なだけあって歯科と密接な関係があります。
実際、口腔外科でも歯周病の治療や親知らずの抜歯などを行うので歯科と治療範囲が重なっているのも事実です。また、口腔外科のお医者様の多くは一般歯科の資格も持っていらっしゃいます。一般歯科と口腔外科の両方の資格を持っている医師は歯科口腔外科医と名乗っているケースも良く見受けられます。
ではどこが違うのかと言えば、口腔外科は歯や歯茎だけでなく口内全般や舌、口周りの外科処置ができるという点にあります。
口腔外科は歯科に限らず別の診療科と重なる部分が多く、口周りに関しては整形外科や形成外科の治療を行うため、他の診療科の先生と連携をとる機会が多いのも特徴です。

口腔外科ではどんな治療をしてくれる?

前述しましたように、口腔外科は他の診療科の治療範囲と重なる部分も多いので、口腔外科の医院で行ってくれる処置は多岐にわたります。
歯に関するものだけでも歯茎の中に埋没した親知らずの摘出や歯周病及び歯周病によって生じた歯槽骨や歯茎への治療、欠損した歯に対するインプラントや歯や骨の移植などが挙げられ、特に外科的な処置が必要な場合において本領を発揮してくれるでしょう。
他にも顎関節症や顎の骨折、口内での炎症や腫瘍及び嚢胞の治療を行ったり、口唇裂や唇の変形ないしは外傷などによって生じた顎顔面の修復や整形を行ったりと、口腔外科医はおおよそ口周りに関してはオールラウンダーとも言える幅広い治療行為に対応してくれます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る